■ 次回「BunDoku哲学カフェ」開催案内

 

テーマ:「やっぱり人は内面が大事?」

日時:2017年05月20日(土)19:00~21:15

会場:大分市中央町周辺(参加者宛て詳細連絡にてお知らせします)

費用:500円以内(場所代・ドリンク代)

持ち物:特になし

定員:20名(残席あり)

申込み:下記申込みフォームからお申込み下さい

申込締切:開催日前日の昼12時まで

 

 

■申込みフォーム

 

メモ: * は入力必須項目です

 

※フォーム送信後、2日以内には返信するようにしています。もし2日経っても返信がない場合は、こちらからの返信メールが迷惑メールフォルダなどに入っている可能性があります。

 

 

■ 哲学カフェとは?

哲学カフェは、マルク・ソーテという哲学者が1992年にフランスで始めた試みです。
賑やかな街角のカフェのような誰にでも開かれた場所で、あるテーマについて、そこに集まった人たちが身分や立場に関係なく対話をします。
カフェでの対話は考えるきっかけであり、人々が対話を重ねることによって考えを深めるという姿勢そのものが「哲学」だとソーテは言っています。
(参考:マルク・ソーテ「ソクラテスのカフェ」

 

 

■ BunDokuが哲学カフェを始めるわけ

 

大分朝読書コミュニティBunDokuは、個々人が本を持ち寄って紹介し合うことで、人と人、人と本、そして人と街との出会いや気付きが生まれる場として活動を続けてきました。

 

1年以上にわたってBunDokuを続けてきた中で、BunDokuに集まる人たちの中からひとつの新しい想いが自然と生まれました。それは、

 

「BunDokuの中で出てきた考えやテーマについて、もう少し深く考えたり、話したりする機会がほしい」

 

というものでした。そこで、その想いを実現する一つのカタチとして、BunDoku哲学カフェを始めることにしました。

 

 

■ BunDoku哲学カフェのコンセプト

BunDoku哲学カフェでは、以下のことをコンセプトとしています。

・議論ではなく対話を重ねながら、その日のテーマについて哲学していきます。
・年齢や性別、肩書きと関係のない、フラットで開かれた場をつくります。

 


■ BunDoku哲学カフェではどんなことをするの?

哲学カフェは「対話」を試みる場です。たとえ同じ環境にいたり、同じ出来事を経験していても、考えることや感じることは人それぞれです。

BunDoku哲学カフェでは、その日集まった人たちが一つのテーマについて話し、聴き、考えるというシンプルな行為を丁寧に重ねたいと思っています。

あるテーマについて、自分が思うことを簡潔に伝える。
人の話を聴いて、わからないことがあれば質問をする。


繰り返しこのやり取りを行うことで、各々の中で考えが次第に深まり、そのテーマが内包している様々な問題意識が共有されていきます。


ディベートではありませんので、発言に優劣はありません。
最終的に何か答えが出るわけでもありません。

 

その場で共有された問題意識は、哲学カフェが終わったあとも個々人の中でまた「モヤモヤ」するでしょう。でもだからこそ、その「モヤモヤ」を「モヤモヤ」のまま持ち帰って各々の中で内省していただき、何か新しい気付きになれば嬉しく思います。

 

 

■ きまりごと

BunDoku哲学カフェでは、以下のことを守ります。

・発言はしてもしなくても自由です。
・発言をするときは、自分の言葉で簡潔にお願いします。また、予備知識を持っていない人にもわかるようにお願いします。
・人が発言をしているときは、最後まで聞きましょう。
・わからないことはどんどん質問しましょう。

 

 

■ 開催報告

 

過去の開催報告はこちら

 

 

■ 公式ブログ

 

ファシリテーターが随時ブログを更新していきます。準備・運営に関するあれこれについて密やかに更新して参りますので、よろしければご覧ください。公式ブログはこちら


 

■ おことわり

 

当コミュニティの内外を問わず、以下の行為を行っている方の参加は、他の参加者の迷惑となる恐れがありますので禁止いたします。

 

・ネットワークビジネス

・宗教や自己啓発セミナー等への勧誘

・空気を読まない他者へのアプローチ

・その他、参加者が迷惑と感じる行為など